すべてはシンプル

皆さんおはようございます(^o^)

 

空き地に黄色い花が一面に

 

この花

実は外来特定植物で雑草扱い

 

最初は園芸種だったのですが

近年はあまりにも繁殖力が強いために

嫌がられている植物のひとつらしい

 

キバナコスモスという名前

 

綺麗ですよね

 

痩せた土地にでも繁殖するたくましさ

秋のコスモスの儚さとは違い

 

 

茎も結構しっかりして

花も力強い

 

自然界に生えている植物は

 

その生態系を守るためにいろいろ進化をしながら

共生しているようです

 

それぞれで・・・

 

それは虫でも、鳥でも、木々でも同じ

 

人間は子孫繁栄のため(いのちを存続し続ける)

に生きていく工夫をしての今

 

ご先祖様の生きてく工夫

いのちを存続していく智慧を活かし

 

そして常に生かしてくれているエネルギー(氣)によって

何億年もの間、いのちのリレーはバトンされてきた

 

諸説ありますが

 

地球の誕生はそれは今から46億年前

宇宙の始まりからすでに100億年あまり

 

地球ではじめての生命は約35億年前、海の中で誕生。

 

最初にバクテリアがあらわれ、

太陽の光をエネルギーに光合成をして

酸素を出すようになったのがはじまり・・・

 

そう、海からはじまった

 

海=水

 

水(雨)と光(太陽)

 

すべての生命体はこの2つがないと存続できない

 

人間以外の動植物は100%エネルギーを通している

*その時々で常に100%

 

人間だけが100%通せない

*赤ちゃんの頃までは通せていた

 

でもそれがこの宇宙を更に進化、成長していくのに

必要なのです

 

いろんな経験を通じて広がった意識(気づき)の分だけ

最初の設定以上の拡がりとなり

 

その分が地球全体へと拡り、宇宙の進化、成長の拡大に

プラスされていく

 

小宇宙である水を循環させ

 

細胞が活性化し

開けば開くほど

 

光を受け入取れる量も増える

*太陽の光を充分に活かせる

 

光を受け取れれば受け取れるほどに

更に細胞は活性化し

 

必要な酸素も細胞が受け取れる

 

息が楽になる^_^

 

そして

本来中心に流れている

流れが赤ちゃんの時にように

だんだん近くなっていく(増えていく)

 

そう100%に近づいていく

 

朝のスワイショウで中心のチャンネルを開いていると

同じ太陽の光を浴びても細胞が取り込む量が変わってくる

 

そのことを早速体感してくださっている参加者もいらして(^o^)

 

いのちの存続に大事な「水」「光」

そして神道ではプラス「塩」

 

私達は電気信号により神経の連絡が行われている

(ミネラルが必要)

 

なので塩(ミネラル)も欠かせない

 

海も「水」「光(太陽)」「塩(ミネラル)」

 

この3つを意識してみるといのちはより活性化するかなと

思いますよ^_^

 

すべてはシンプルです

 

今日も素晴らしき一日をお過ごしくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡